人間堕落乃日々

草野球、小説など趣味を中心に日々を書き綴ってます。 小説は主にオリジナル、二次創作になります。二次創作は『魔法少女リリカルなのは』が中心になりそうです。

硬膜下血腫

硬膜は頭蓋骨のすぐ内側にあり、頭蓋内で脳を覆っている結合識性の強い膜です。この硬膜の内側で脳の表面に出血が起こると、出血した血液が硬膜の直下で脳と硬膜の間に溜り、短時間のうちにゼリー状にかたまって、脳を圧迫します。これが急性硬膜下血腫です。ほとんどが大脳の表面に発生しますが、ごく稀には左右の大脳半球の間や小脳表面(後頭蓋窩)に発生することもあります。

急性硬膜下血腫発生の原因のほとんどが頭部外傷によるものです。最も典型的な発生のしかたは、頭部外傷により脳表が損傷されその部の血管が破綻して出血し、短時間で硬膜下に溜まるというものです。その他、脳自体の損傷はあまり強くなく、外力により脳表の静脈や動脈が破綻して出血するものもあるとされています。受傷機転は転落、交通外傷、殴打などであり、あらゆる年齢層にみられますが、とくに高齢者に多くみられます。小児ではまれですが、虐待による頭部外傷では比較的多くみられることが知られています。また、若年者ではスポーツ中の頭部外傷の際にみられることもあります。我が国の重症頭部外傷データバンク(JNTDB)の結果(1998年〜2001年)では急性硬膜下血腫手術例は重症頭部外傷例中の31%、頭蓋内血腫手術例中の74%でした。重症頭部外傷例とは、呼びかけや痛み刺激などで覚醒反応(目を開けたり、受け答えをしたり、指示に従ったりすること)がみられない症例のことです。

急性硬膜下血腫は強い外傷で起こることが多いために脳の損傷も強く、通常受傷直後から意識障害を呈します。ただ、前述しましたように、なかにはあまり脳自体の損傷はなく血管の損傷が主体のこともあります。そのような場合には、血腫の増大に伴って徐々に脳が圧排され、受傷当初にははっきりしなかった意識障害が徐々に出現してくることもあります。高齢者の日常生活内での転倒による受傷や、若年者ではスポーツ外傷などで時にみられるものです。いずれにしましても、意識障害は次第に悪化し多くは昏睡レベルに達します。受傷当初は意識障害がない例でも、一旦意識障害が発現するとその後は急激に悪化することが多く、予後はきわめて不良です。ただ、ごく稀ながら、早期に急性硬膜下血腫が自然消失あるいは縮小することがあります。そのような場合には血腫縮小に伴い意識障害が改善することもあります。

転帰は極めて不良です。JNTDBの結果では、急性硬膜下血腫手術例の死亡率はじつに65%、日常生活や社会生活に復帰できた症例はわずか18%のみでした。またたとえ日常生活や社会生活へ復帰した症例でも、ほとんどの症例が高次脳機能障害のために、ご家族も含め、満足な生活は送れていません。

参照 http://square.umin.ac.jp/neuroinf/patient/305.html



先日、9月2日に中学の同級生がお亡くなりになりました。
死因は、上述の通りです。
昨日友達から知らされ、本日線香を上げに行きました。
急なことで人数も少なかったが、よく集まってくれました。
代表にありがとうございます。
しかし、どうしてこうも遺影というものは爽やかな笑顔の写真を選ばれるのか。
それを見たら泣くというのに。案の定、女子が一人泣きかけました。
もっとも家族からしたら、いい笑顔をした写真をせめてにも飾ろうと思うのだろう。
そうでなければ、心が潰れれてしまう。耐えられないのだ。

線香を上げるとき、遺影と向かい合わせとなる。
行けなかった人から分も頼まれたが、そういうものはあっさりとどこかに行った。
中学時代、微妙なお年頃だから話すことなどなかった。
今年になってミクシィで久々に再会した。
流石に高校も卒業して、二十歳を迎えようとしている頃にもなれば普通に話せた。
そして、俺の恋愛事の相談に乗ってくれたこともある。
今思えば、迷惑をかけていた、世話になっていた。
そのときにゲームが好き、野球が好きで巨人ファンだと知った。
今日の試合、見られることが出来なかったのが実に残念だ。
俺も見ることが出来なかったが、首位攻防戦――それも伝統の一戦だ。
9月以降で行われたのは俺達が生まれる前の1985年だ。
真夏日を忘れさせない熱気が篭った試合だった。
逆転に次ぐまた逆転。見せてやりたかった。
さらに9月12日にはWEST WINDの公開収録も楽しみにしていただろうに。
それ以上に不完全燃焼で終わった俺の恋愛を完全燃焼でしっかりと終わらせたいと思う。
相談してもらった手前、曖昧な状態で終わらせるのは失礼だろう。
これが俺なりのけじめの着け方。
俺の心配は少なくともないことを告げたいと思う。
もっともいつになるか分からないのが、ちょっと難点だけど。
他にも色々とあったと思うが忘れた。
でも、言いたいことは言えたと思う。
でも、まだ言えてないことがあった。

「後悔、未練は多数あるだろうが安らかに眠れ。
 眠れないなら俺がしっかりと眠らせるから」




















P.S. モニター前で泣きそうになっている俺がいる。
あの遺影を思い出すと、あの笑顔が消え失せたという意味がよくよく分かる。
一周忌のときは花を添えたいと思う。それが、俺の仁義。
  1. 2007/09/08(土) 00:05:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<毎年恒例の | ホーム | 再び東京へ――>>

コメント

友の死、辛いよね・・・・でも

笑ってやろう
亡くなった友の想い出が
泪で曇らぬように

笑ってやろう
亡くなった友との日々が
セピア色にかわるまで

笑ってやろう
亡くなった友の想い出を
笑って話せる日まで

笑ってやろう
笑ってやろう





俺も17才の時にクラブで一緒に汗を流し、ともにインターハイ目指した友を、ガンで亡くした。二人で口では言えないような事や、恋の話しや悩み事など何でも話し合った。
そんな経験をしている君の気持ちは凄くわかる。
でもやっぱり笑ってやろうよ!しょんぼりしてたら、亡くなった友もうかうか成仏なんてしてらんないからさ!
大切な親友だったなら、良かった事も悪かった事もイイ思い出にかわるはずだから。

笑ってやろう
とにかく笑え
想い出にかわるまで。
  1. 2007/09/15(土) 12:49:28 |
  2. URL |
  3. 顔さん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mothira23.dtiblog.com/tb.php/92-a4746089